2008年06月06日

六甲の巨石文明 5

阪急電車に乗り、岡本へ。
この辺りはかなりオシャレな所なのだが、山側へ回るとやはり巨石文明
の入口となる。
今回目指すのは「保久良神社」だ。

ただまたしても道に迷う。
山の中だから、目印もなく坂になっているからなかなか悲惨だ。
唯一いい事を上げれば、山の上からの神戸は絶景だな、と思う事。
疲れでそれどころではないのが本音だが。
rokkou5-1.JPGrokkou5-2.JPG
ようやく着いた「保久良神社」だが、予定を一時間も越えてしまったためゆっくりはできず。この辺りを探索するなら、楢崎皐月げカタカムナ文献を授かったとされる金鳥山まで行く覚悟で余裕を持って来ないとダメだ。
rokkou5-3.JPG
昔来たのはこの保久良神社の方だ。
あの時も迷ってしまい暗くなり始めた頃に着いた。
今回は看板だけだったが、あの時は本物のイノシシが現われて怖い
思いをした。暗闇であんな動物に出会うと、人間というのはなんと
非力かと思ったものだ。
rokkou5-4.JPG
帰りはまっすぐ参道を下る。
曲がりくねって駅までまあまあの距離はあるが、来る時の山道より
ははるかにマシだ。
少し中途半端に終わってしまったが、壮大な甑岩を体感できただけ
でも良しとしよう。
rokkou5-5.JPG
posted by ryuga at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 怪奇紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。