2008年06月04日

六甲の巨石文明 4

甑岩を見終わり、越木岩神社の境内をゆっくり散策しながら帰途につく。
お守りはやはり安産や子授かりのものが多い。
私は直接関係はないのだが、世の中すべての家族、子どもたちに幸あれ
と手にする。
やはり神社というのは心が妙に和む空間だ。

越木岩神社には土俵がある。
ひっそりとした境内に上半身を裸にした子どもがいるな、と思って
いたらその稽古だったようだ。
ニュースでも取り上げられる”泣き相撲大会”はここだったようだ。
今はブログがあるので、検索すると参加した可愛らしい子どもたち
の姿がたくさん見れる。

鳥居をくぐろうとすると、越木岩神社の震災復興についての事柄が
書かれた石碑があった。
以前私がここに来たのは震災のすぐ後ぐらい。
生々しい傷痕が到るところにあったが、ここも例外ではなかったようだ。
rokkou4-1.JPG

畑の中にも、石の痕跡がポツリ。
このあたりは高級住宅地で大きな家が多く、神社など以外にも巨石
がそうした家の敷地内にあると聞くが、それにより守られているとも
いえるし一般では目に触れにくいという難点もある。
先ほどの震災もそうだが、古代文明の手がかりは時間を経るごとに
探しにくくはなっている。
rokkou4-2.JPG
posted by ryuga at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 怪奇紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99357142

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。