2008年05月23日

六甲の巨石文明 1

阪急電車、甲陽線に乗りまずは越木岩神社へと向かう。
電車に乗る時
「一日乗車券のようなものはありますか?」
と問うと駅員さんに
「阪急、阪神のものがあります」
と言われたがよく考えると経営統合されたのだった。
その頃には気になるニュースであっても、時の流れは容赦なくそんな事
を忘れさせる。

実は六甲探訪は初めてではない。
関西に住んでいたので近いから、というのもあり大昔だが行った事が
ある。
越木岩神社はどうだったか。
来たような気もするし来なかったような気もする。
甲陽線に乗った覚えはないから、やはり来なかったのだろうか。

のんびり歩いていると奇妙な形の山が目に映る。
ああ、あれが甲山かと写真に収める。
日本のピラミミッドと言われるひとつだ。
rokkou1-1.JPG
ちなみに、現代では甲山事件というのも有名だ。
これは生々しくなるのであまり記さないが、犯罪史などに興味が
ある方は調べてみるのもいいだろう。

自然の中に岩が多くなってくる。
巨石文明に近づいたと、胸が高鳴る。
rokkou1-2.JPGrokkou1-3.JPG
posted by ryuga at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 怪奇紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97696844

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。