2014年01月01日

日本人の性質

猪瀬直樹東京都知事の医療法人徳洲会グループからの
5,000万円受領問題が出てきた時、その裏についてあれ
これ思いを巡らしたのは私の性と言える。

浮かんできたのは東京オリンピック利権だったが、
そういえば東電に対しても少しあったな、と考えた。
ただそこまで東電が猪瀬に対して警戒する必要はない
だろうし、やっぱりオリンピックだろうな、とした。
キャラとして立つ猪瀬は東京オリンピック誘致までは
働いてもらったが、うま味は陰の自分らへ、そんな
イメージだ。

ところが年末になって、東京都のエネルギー関連に
ついてちょと小耳に挟んだ。私にとっては良い話では
無い。ひどく落胆する事だ。
ところが事の真偽を確かめようにも、どこにもその話題
は無かった。
そんななか2013年の出来事としてリニアに関する話題が出て
いた。そんなに急いでどうするんだ、というのが私の見方だが、
多分に時代の変化を嫌がる偏見も認めていた。
ところがこのリニア、大量の電気を消費するのだという。
何かが劇的に変わった訳でもないのに去年はついぞ電力不足
という言葉は聞かなかったが、こうしてある所では電力の需要
を懸命に増やしているのだ。

こんな風に日本とは隠す事、裏で進める事が実にうまい。
どこぞの国の公開処刑を見て「酷い国だ」「体制を変えさせない
といけない」などと溜飲を下げている間に、物事は着々と進んで
いる。これこそが先進国のやり方だなどと鼻を高くするほど、
私は器用にはできていない。


posted by ryuga at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。