2013年07月21日

木の日本

中国の愛人事情、愛人村などと騒いでいるテレビ番組を目にしたが、とんだお笑い草だ。
必ず出てくるのが「日本では考えられない」だが、日本の権力者は清廉潔白、ただ無能なだけという事だろうか。

時折、おかしなニュースが流れる。児童が保護されて大人が自殺していたとか、外国人が殺されていて犯人は逃走を続けていたとかだ。最近もそれっぽいニュースがあったが、いろいろ考えるとその手の客を相手にした商売では無かったような感じがする。
おかしなニュースの特徴として、急に報道が萎んでいく。当事者の死や逮捕が伴う場合もあるし、メディア的な幕引きには注意をしておくと、それは顕著だ。

何が言いたいかと言うと、日本は非常に裏でやるのが上手い、隠して物事をおこなうという事を好むということだ。その大きな担い手がメディアであって、だからこそこの国のメディアは権力側の存在なのだろう。
中国の愛人村報道などもそのひとつに過ぎない。木を隠すなら森の中、などと言うが日本というちっぽけな木を隠すために、他国の些細な事が利用される。その程度は世界全体共通の必要悪なのか、まあその側の人間たちにとっては、毛ほどの問題でも無い事だろう。
posted by ryuga at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。