2013年07月13日

美しさ無きヤプー国家

少し前に、かつては一流企業の一員だったはずの人たちと
知り合った。今はなぜ一流企業ではないのかという理由は
聞いていたのだが、
「昔はこんな事、簡単にはできなかったんだけどな」
と言うので、どうして今はできるのかと聞いたら
「小泉構造改革の時に変わったんだ」
と言う。
また最近ある国の制度、国家資格保有者による手続きについても
「小泉構造改革の時に、体系が変わったんだ」
と言われた。
労働関係は言わずもがな。
メディアは構造改革の検証とかおためごかしに言う時もあるが、ほとんどは
郵政民営化だ北朝鮮への訪朝だで、労働問題と言えば正規か非正規かで取り
上げるだけだ。派遣=保険が無い、などというある意味ではデマに近いものを
流すのは、単に取材不足なのか別の意図があるのかはわからない。

ともかく恐ろしいのは、メディアがあれだけ小泉純一郎を取り上げて同時に
政治の事も伝えていたはずなのに、実は多くの事が伝わってはいないのだ。
憲法改正やアベノミクスの是非、そして上に書いた実態とは別の労働問題
を争うというおめでたい参議院選挙がまたやって来る。それは一体、何の
ために行われるのだろうか? わたしにはただ、美しさの欠片もないヤプー
的な国づくりのためにしか思えない。
posted by ryuga at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369172381

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。