2013年04月07日

破壊の大義名分

土俵に観客が乱入、1万円札を配るというニュース
を聞いて、反射的に数年前に女性客が土俵に乱入してきた
という事件を思い出した。

この事件は一層奇怪で、女性は相撲とはまるで関係の無い芸能人が
”悪霊に取り憑かれている”などと書いた意味不明のビラを手にして
いたなどとされる(この芸能人とは福山雅治らしいのだが)。

例えば海外のサッカーなどでは時折観客がピッチに入って来る
などという事があるが、それがミステリーと関連づけられる事
は無い。日本であってもJリーグのピッチに観客が乱入しても、
そしてそれが先の女性客のように意味不明のビラを手にして
いても薄気味悪い印象は持たれないだろう。

どうやらその対象が(伝統競技)(神聖な場)であるから
我々は少なからず薄気味悪さを持つようだ。けれども一方で、
凄まじいパワーで伝統や神聖は壊されている。概してその
方法は”大義名分”付きでおこなわれる。戦争や災害など
偶然を利用しているのか故意にかはわからないが、上手い
方法を考える連中がいるものだ。
posted by ryuga at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/354360261

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。