2014年01月01日

日本人の性質

猪瀬直樹東京都知事の医療法人徳洲会グループからの
5,000万円受領問題が出てきた時、その裏についてあれ
これ思いを巡らしたのは私の性と言える。

浮かんできたのは東京オリンピック利権だったが、
そういえば東電に対しても少しあったな、と考えた。
ただそこまで東電が猪瀬に対して警戒する必要はない
だろうし、やっぱりオリンピックだろうな、とした。
キャラとして立つ猪瀬は東京オリンピック誘致までは
働いてもらったが、うま味は陰の自分らへ、そんな
イメージだ。

ところが年末になって、東京都のエネルギー関連に
ついてちょと小耳に挟んだ。私にとっては良い話では
無い。ひどく落胆する事だ。
ところが事の真偽を確かめようにも、どこにもその話題
は無かった。
そんななか2013年の出来事としてリニアに関する話題が出て
いた。そんなに急いでどうするんだ、というのが私の見方だが、
多分に時代の変化を嫌がる偏見も認めていた。
ところがこのリニア、大量の電気を消費するのだという。
何かが劇的に変わった訳でもないのに去年はついぞ電力不足
という言葉は聞かなかったが、こうしてある所では電力の需要
を懸命に増やしているのだ。

こんな風に日本とは隠す事、裏で進める事が実にうまい。
どこぞの国の公開処刑を見て「酷い国だ」「体制を変えさせない
といけない」などと溜飲を下げている間に、物事は着々と進んで
いる。これこそが先進国のやり方だなどと鼻を高くするほど、
私は器用にはできていない。


posted by ryuga at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

この国の権力者たちの正体は?

陰謀論を含むポップオカルトなどを何年も眺めていると、冷やかに見てしまうようになる。
レプタリアン、などと出ても(ああ、また新しい仕掛けか)となるのだ。

***

一体この人たちは、何なのだろうと思う。
震災に伴う福島の原発事故の時、解決できるかどうかは別にして、多少のまごつきはあるにしても対処していくだろうと思っていた。ところが一向にその気配がなく、終息宣言を出したりオリンピックだとかのトンチキ騒ぎ。一体この国の連中はどうしたのだ? と思わずにはいられない。

日本の風土が、文化が、未来が壊れようとしているのに、真剣に対処しようとしない。
もしもこれが杞憂なら、それが一番良い。(そんな事ないだろう。このキチガイ)と私がいくら罵られても、懸念しているような事が起こっていないのならばそれで良い。罵倒されても我慢する。

わたしは最近、子どもたちを見るたびに暗い気分にならずにはいられない。早く西へ、と思わず口にしそうになる事もある。だが西日本だって、故意にかどうかわからないがマズイ事が広がっているのだ。
仮にこの国の権力者たちが日本人でないにしても、こんな酷い事をするものだろうか?
そこでわたしはあの”レプタリアン”というSFの亜流のようなおとぎ話の悪魔たちの姿を思い出した。眉つばモノ、とは今でも思っているが、この国の権力者たちがおこなっている事、考えている事はとうてい人のする事には思えない。


posted by ryuga at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

山口事件の横溝派と清張派

山口の殺人事件を、”現代の八つ墓村”などと呼ぶらしいが、まったく馬鹿げた話だ。『八つ墓村』が実際の事件をモデルにしているからそうしたいのは解らないでもないが、今回の山口の被害者は5人だ。「ひとつの集落」という装飾語や「わずか14人」という母数を入れると大層に聞こえるが、5人という数が多いか少ないかは、冷静に考えないといけない事だ。

『八つ墓村』は実際の事件をモデルにしていると言われるが、それはシチュエーションを使っただけで横溝正史がかなりの脚色を加えている。実際の津山事件は病気、婚姻、村という地域社会が原因であって、祟りとか過去の因縁といった類のものではない。さらに言えば一小説の『八つ墓村』がこれだけ多くの人に知られるのはテレビや映画というメディアで商品化されたためで、そこには視覚的な色づけもされているからその不気味さはさらに強く見せられた。それが伝聞や断片的に広がって都市伝説よろしく読んだ事も見た事もない人に伝わっているのだから、『八つ墓村』は現実よりもさらに気味の悪い不可思議な話だったのだと思い込まされている。ましてや津山事件に関しては何をかいわんやだからだから、「津山ってどこだと思う?」と聞くと「東北とかじゃないの」などと間の抜けた答えが返ってくる始末だ。

ついでだから書いておくと、「平家の落ち人伝説」があった場所だなどという記事も目にしたが、これなどを見ると占い師のトークのごとき手法と言うしかない。こんな「平家の落ち人伝説」などは実は至る所にある。わたしも子どもの頃に住んでいる地方の話を聞かされたが、(あんな所に、そんな凄い事が・・・)などと思ったものだ。それは小学生の頃の話なのだが、要は今はそんな事を誰も教えないし、知りもしないのだ。仮に平家とは関わりのない場所であっても、ほとんどの場所で何らかの因縁は出てくる。日本の歴史には”戦国”などという日常的に戦いがあった時代もあったのだし、開国すれば外国と戦争をしていたのだ。ましてやこの狭い国土で数千年の歴史を数える国なのだ。真っさらな土地があるなどと考える方がどうかしている。

さてこれとは別種の考えを持つ人たちがいる。わたしも「これで広島の事件が消されるか・・・」と思ったものだが、ひとつの大きな事件を別の事件が起きる事で消すという手法だ。これは祟りは因縁ではなく陰謀論的なもので、横溝的な世界ではなく松本清張の世界と言える。
かつてあるマンガ家が「これからはもう横溝やない。清張読まな」と別のマンガ家に言われたらしいが、好き嫌い以外にも世のトレンドがどこに向かうかにアンテナを張り情報を仕入れる人がいる。
それとてもう何十年も昔の話で、今は横溝も清張も過ぎ去った遠い過去の作家でしかない。

今回の山口事件もまたぞろそのような清張的陰謀論を書く人も出てくるだろう。それを載せるメディアだが、横溝的なのはネット媒体や一般週刊誌、清張的なものは現代風のカストリ雑誌と別れてくる。ネット内での一般的な意見はそのどちらを好むか書き手によって分かれるが、いずれにしても誰かがつけた焚火をちょいとさわってワァワァと火の粉を飛ばしているだけである。そしてその煙を見て喜んでいる、というのが大衆というものであろう。

山口の事件などは都会からUターンしてきた人間の孤立感と閉鎖的な地域という、単純に言えばそれだけの事だ。
それでは売れないし話題にもならないから、八つ墓村だの落ち武者だのつけてみるが、現代社会の一つの問題が殺人という形になってしまった、というだけにすぎない。陰謀論的な見方をすれば家の周りの奇妙な装飾ややけに恣意的な川柳の存在は大いに役に立つ。犬の死そのものはそんな事件に巻き込まれてしまい引き取り手もないだろうから殺してしまった、とそんな感じだろうが、わざわざ逮捕の1分後に死んだなどとする理屈が腑に落ちなさを誘う。これなどは横溝派にも清張派にもひっかかる事だろう。

人それぞれ好みや考え方もあるだろうし、こんな事にうつつを抜かしておいて良いご身分の人もいればそうでない人もいる。わたしもあながち興味がないわけではないし、いろいろな解釈をするのは嫌いでもないから、他にする事があるのにこんなものをダラダラと書いてしまったわけで、もしここまで読んでいただけた方があるのなら、少しでも何らかの血肉にでもなっていてくれたら幸いだと思う。
posted by ryuga at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。